乙画廊 +81(0)6-6311-3322
by otogallery
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
OTO GALLERY
カテゴリ
2015-blog
書籍 DVD 販売
版画絵画販売
2011-blog
2010-blog
2009-blog
2009TCAF東京アートフェア
2008-blog
2007-blog
過去の展覧会
乙クッキー★◆■
アーティストグッズ
ART OSAKA 2011
2012年-blog
ART KYOTO 2012
ART OSAKA 2012
2013-blog
中村キク
ART OSAKA 2013
2014-blog
2015年ブログ
2016-blog
グラス食器販売
未公開
2017-blog
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
-sarecoube-世にも素敵な髑髏〜2013年初頭!
■-sarecoube-世にも素敵な髑髏-■
       -春を寿ぐ-
 ■髑髏(sarecoube)-世にも素敵なスカル-■
       -A very great skull-
    ○2013年1月15日(火)〜26日(土)
    ※19日(土)16時パーティ!

b0124224_131468.jpg
   
          東學
         桑原聖美
         界賀邑里
          榮真菜
          高橋良
          たま
        タムラノボル 
        トヨクラタケル
          土居沙織          
          中村鱗
           根橋洋一
          丸岡和吾
       三尾あすか・あづち
          村田タマ
          村田兼一
           萌木ひろみ
            森馨
           MOT8
         xxRIDDIMxx
             他

■ 世はスカルブームだ。
どうも髑髏と言うと、一休禅師が髑髏を杖にぶら下げて〜
「正月は冥土の旅の一里塚、めでたくもあり、めでたくもなし」
と練り歩いた逸話を思い出すが、
こんにち、スカル柄の帽子、シャツ、ズボン、靴下、ブーツ、アクセサリーまで
全身髑髏ずくしの人たちを多く見かける。
一休禅師を地で行っているのかは分からないが、
もう恐らく何年も飽食時代であるのに相違ない。
しかし中には会社や店のロゴにまでスカルを使っている。
これは幽霊等と同じで縁起物と言う見方も大いにある。
ただ特筆すべきはここまで髑髏が露出し、
ファッション化し流行に使われるのにマンネリ化しない。
これは所謂、髑髏が永遠不滅の金字塔だと言う事であろう。
さて、今展覧会、出品作家の面々は、スカルを愛してやまない御仁ばかり。
乙画廊セレクトで-世にも素敵な髑髏-をお贈り出来たら、望外ない悦びである。
                        乙画廊 画廊主
[PR]
by oto-gallery | 2012-12-30 01:13 | 2012年-blog
<< 世にも素敵な髑髏展 作品紹介1 村 田 兼 一 展(本日より) >>