乙画廊 +81(0)6-6311-3322
by otogallery
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
OTO GALLERY
カテゴリ
2015-blog
書籍 DVD 販売
版画絵画販売
2011-blog
2010-blog
2009-blog
2009TCAF東京アートフェア
2008-blog
2007-blog
過去の展覧会
乙クッキー★◆■
アーティストグッズ
ART OSAKA 2011
2012年-blog
ART KYOTO 2012
ART OSAKA 2012
2013-blog
中村キク
ART OSAKA 2013
2014-blog
2015年ブログ
2016-blog
グラス食器販売
未公開
2017-blog
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
木口木版画の魅力。
二階武宏・新作「球根」
雁皮紙摺り ed.30 6.5×9cm シート¥6.000-(税別)
    画像は新作の小品。二階武宏展が、頗る盛況である。ただ、職人業と
b0124224_15171349.jpgして見る人の方が多く、木口に関する質問が飛び交う。
「柘植や椿の輪切りにした面をビュランで彫る」
「時間と集中力が重要」
「全て雁皮紙(薄い高級和紙)にバレンで摺り、貼りこんでいる」
と言った、一連の解答なのだが〜非常に神経を使う仕事なだけに、二階氏には永遠に作品制作を続けて欲しい!と言うのが切なる願いである。その為には画廊としては、一つでも多く売ってあげないとその糧にならない。画像の小品は¥6.000-。コレくらいの価格なら、ポケットマネーで買えるはず。完成度が高く、努力の作家だと確信している。前にもブログで言ったが、買うつもりで見てもらいたい。(全作品リスト用意あります!メールか電話で、ご請求下さい!)

[PR]
by oto-gallery | 2007-10-13 15:33 | 2007-blog | Comments(0)
<< 休日のひととき。 木口木版画、その版木。 >>