乙画廊 +81(0)6-6311-3322
by otogallery
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
OTO GALLERY
カテゴリ
2015-blog
書籍 DVD 販売
版画絵画販売
2011-blog
2010-blog
2009-blog
2009TCAF東京アートフェア
2008-blog
2007-blog
過去の展覧会
乙クッキー★◆■
アーティストグッズ
ART OSAKA 2011
2012年-blog
ART KYOTO 2012
ART OSAKA 2012
2013-blog
中村キク
ART OSAKA 2013
2014-blog
2015年ブログ
2016-blog
グラス食器販売
未公開
2017-blog
2017 個展
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:過去の展覧会( 73 )
Female artists nowadays
2009年3月18日水曜日〜 2009年3月28日土曜日
   ○今時の女流アーティスト○
   
Female artists nowadays


b0124224_174157.jpg


創作版画・洋画・立体〜コレクションアイテムとしてのART。
癒しの素、パワーの素となるART。
妖麗で耽美な 痙攣した稚拙さの中にエスプリの利いた感動とセンス。
大河原愛・小沢団子・菅田美幸・波磨悠子・吉田嘉名は、乙画廊では初出品。

:ARTISTS:
大河原愛・小沢団子・佐藤しおり・佐藤真衣・菅田美幸
瀧野尚子・長尾紘子・藤浪理恵子・波磨悠子・南舘麻美子
宮井麻奈・吉田嘉名

[PR]
by oto-gallery | 2009-03-18 17:01 | 過去の展覧会 | Comments(0)
橋場信夫 展 〜 バーレリーフ・ペインティング
2009年3月4日水曜日〜 2009年3月14日土曜日
b0124224_17103150.jpg

08-01 Hommages SENGAI  バーレリーフ・ペインティング 2008 90×90cm(鉄錆)

キャンバス上に金、白金、鉄で表現。その洗練された様式美は他の追随を許さず、
凛とするものがあり、一見、無機質なフォルムは、この世の侘しさ寂しさを感じさせ、
悠久の日々にも思いを馳せさせます。
乙画廊初となる、今展では20点余の展観となります。
是非、この機会に究極のインテリアアートをご覧下さい。


Hashiba Nobuo -1950年-東京出身-
その様式美は多くの料亭、ホテルでコレクションされ、
1996年川瀬敏郎氏の「花会」 (東京畠山美術館)、
1997年「千年の恋」(赤坂プリンスホテル)、
2000年「秋の花のしつらえ」(東京・井中居)の為の作品制作。
2000年の沖縄サミットでは迎賓会場の作品制作等、内外とも高い評価を受けています。

-Public Collection-外務省, 印刷美術館(東京)
-Corporate Collection-ハイアット リージェンシー オオサカ, グランド ハイアット フクオカ,
センチュリー ハイアット トウキョウ, 日航ホテル(新潟), ANAホテル(大分), 京王プラザホテル(東京),
森共済組合(青森), 和久傳(京都), 富美代(京都), あさば(修善寺), 石葉(湯河原), 蓬莱(伊豆山), 水明館(下呂),
はつはな(箱根), トヨタ自動車(豊田), 静岡県歯科医師会. JAL羽田北ダイアモンドプレミアラウンジ(東京),
ザ ぺニンシュラ東京, ザ ウインザーホテル洞爺湖(北海道), ホテル アソシア静岡

[PR]
by oto-gallery | 2009-03-04 17:06 | 過去の展覧会 | Comments(0)
乙画廊セレクション展 ─ 木 口 木 版 画 ─
Wood engraver of present age

         ○特別展○

b0124224_1034691.jpg

木口木版画を展覧。出品作家は以下の通り。
柄澤齊・ 小林敬生・ 斉藤修・菅原はじめ・ 鈴木康生・傍嶋飛龍・ 長島充・二階武宏
早川純子・日和崎尊夫・星川夏子・吉田秀司・涌田利之、他。楽しんで頂ければ幸いです。

[PR]
by oto-gallery | 2009-02-23 10:28 | 過去の展覧会 | Comments(0)
小林敬生展
─木口木版画─
2009年2月4日水曜日〜 2009年2月14日土曜日
b0124224_113542100.jpg

木を輪切りにした木口面を彫版する木口木版画。印刷技術として18世紀末英国で発明され、現在では珠玉の芸術として、掌宇宙、掌宝石と形容されます。本来はモノクロ小作品の多い木口木版画ですが、その常識を覆す小林敬生の大作と多色。2回目となる今展では新作旧作含む20余点の展覧となります。ビル群を侵蝕する草木鳥獣魚虫が蠢く宇宙世界。この機会に是非ご堪能下さい。
  
こばやしけいせい:1944年島根県生。'06年 紫綬褒章。
          '82年 第2回ソウル空間国際版画ビエンナーレ・グランプリ受賞。
         '88年 文化庁買上げ。
          '93年 第2回高知国際版画トリエンナーレ大賞受賞。
他、受賞歴多数。
国立東京近代美術館・大英博物館・二ュージーランド近代美術館など内外に32作品収蔵
現在、多摩美術大学教授。日本版画協会理事。
[PR]
by oto-gallery | 2009-02-04 11:32 | 過去の展覧会 | Comments(0)
本田征爾展 ─幻灯宇宙─
2009年1月19日月曜日〜 2009年1月31日土曜日
b0124224_1223822.jpg 現在、札幌在住。
半年間、まぐろ調査船に乗船、船上で描く透明水彩、水溶性色鉛筆を用いた作品を帰国後に発表。 昨年の幻灯世界に引き続き、深海、宇宙から未知へと留まる所なく無限の広がりを表しています。小品を中心に20数点の展示となります。ご高覧の程よろしくお願い致します。
ほんだせいじ:1977年京都府生まれ。
2000年北海道大学水産学部卒業。
2002年〜2003年まぐろ延縄調査船「開発丸」に乗船。
1999年3月京都ギャラリー明治にて油彩と陶彫による二人展。
11月函館ギャラリーKIBAにて油彩と踊り(創作バレエ)による二人展。
2003年7月京都立体ギャラリー射手座にて初個展。
2004年に札幌へ移住後、 札幌エルエテギャラリースペース、
札幌ギャラリー門馬ANNEX にて個展を開催。    
2006年〜乙画廊で個展。

[PR]
by oto-gallery | 2009-01-01 19:59 | 過去の展覧会 | Comments(0)
佐 藤 真 衣 〜銅版画展〜
2008年12月10日水曜日〜 2008年12月20日土曜日
b0124224_13405820.jpg

自画・自刻・自摺の創作版画家、
新進気鋭アーティスト。
去年に引き続き2回目の新作展です。
塊が好きだと言う作家。
今年の新鮮な塊をご覧下さい。


Sato Mai
1981年宮城県生
2006年東北芸術工科大学大学院洋画領域修士課程修了
2003年中華民国第11回国際版画展入選(国立台湾美術館)
2004年第72回日本版画協会展入選(東京都美術館)
2004年あおもり版画トリエンナーレ2004入選
2004年道新ぎゃらりー版画大賞展大賞
2005年第73回日本版画協会展入選(東京都美術館)
2005年浜松市美術館版画大賞展入選
2005年第30回全国大学版画展美術館収蔵賞
2006年第74回日本版画協会展立山賞(東京都美術館)

[PR]
by oto-gallery | 2008-12-10 13:39 | 過去の展覧会 | Comments(0)
VANITAS
2008年11月26日水曜日〜 2008年12月6日土曜日

─それぞれのヴァニタス─

vanitas vanitatum dexit Ecclesiastes vanitas vanitatum omnia vanitas.
「空の空、伝道者は言う、空の空、全て空である」(日本語訳)
「傳 道 者 説 : 虚 空 的 虚 空 , 虚 空 的 虚 空 , 凡 事 都 是 虚 空」(中国語訳) 

b0124224_16434442.jpg


上記は 旧約聖書の「伝道の書(コヘレトの言葉)」冒頭の一節<ラテン語>で、ヴァニタス寓意、
由来の元となるもの。ヴァニタスとは儚きもの、虚栄と訳され、生と死を見つめる考えのひとつで、16世紀後半から17世紀にかけて偶像崇拝が禁じられたプロテスタントの国(特にオランダ)で
髑髏、懐中時計、燃え尽きた蝋燭等を配した静物画がたくさん描かれた。現世の財産や知識さえ、全て虚しいものであり、時は全てを奪い、死には現世のどんなものも逆らえないと言う事を意味
する。その寓意を元に作家各人の〜vanitas解釈に因るヴァニタス画の展観となる。


-出品 アーティスト -
池田俊彦(銅版画)-04年東京藝術大学大学院美術研究科(版画研究室)-
岩澤慶典(洋画)-東京藝術大学大学院在籍-
佐薙真由(洋画)-京都造形芸術大学大学院在籍-
崔賢徹(洋画)-'76年生まれ。日本デザイナー学院卒-
中島奈津子(木版画)-05年創形美術学校卒-
長尾紘子(ペン画)-85生。御茶ノ水美術専門学校卒-
福田匠(コラージュ)-03年大阪芸術大学デザイン科卒-
松村繁(洋画)-86年武蔵野美術大学大学院造形研究科修了-
三嶋哲也(洋画)-93年中央美術学園卒- 
[PR]
by oto-gallery | 2008-11-26 16:42 | 過去の展覧会 | Comments(0)
宮井麻奈展_。作家最終日(22日<土曜>)来阪在廊_。
2008年11月12日水曜日〜 2008年11月22日土曜日

─リトグラフ・油彩─

リトグラフを使った創作版画と今年から発表している油彩を展観致します。
何処か妖しげでスローな少年少女。
そのストイックでシュールな世界は同時代に共存、共感している様です。

b0124224_17104691.jpg
Miyai-Mana

’78年 東京都出身
’03年 多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻版画修了

‘01年 第5回高知国際版画トリエンナーレ(賞候補)
‘02年 第3回東京国際ミニプリントトリエンナーレ(優作賞)
‘03年 第71回版画協会展(山口源新人賞-準会員)
   第71回版画協会展受賞作家-巡回展
‘04年 山口源新人賞4人展(沼津市庄司美術館)
‘05年 ガレリア・ラセン(国立市)個展
‘06年 乙画廊-人物画展/O gallery-個展/乙画廊-個展
’07年 乙画廊-個展
’08年 ART OSAKA 2008
   第7回高知国際版画トリエンナーレ(賞候補)
    Buffet Five Art Gallery・現代美術アート展






「純潔の怪物」
ed.15 100×79cm
ウォータレスリトグラフ
リトグラフ

[PR]
by oto-gallery | 2008-11-12 17:15 | 過去の展覧会 | Comments(0)
水 野 真 理 展
               2008年11月3日月曜日〜 2008年11月8日土曜日  

           ─ ガラス絵 ─

b0124224_18155447.jpg

b0124224_1816422.jpg

[PR]
by oto-gallery | 2008-11-03 18:13 | 過去の展覧会 | Comments(0)
中島奈津子 ─木版画の魅力─
2008年10月21日火曜日〜 2008年11月1日土曜日

b0124224_164650.jpg自画・自刻・自摺の創作版画。新進気鋭作家のご紹介です。創形美術学校時から公募展受賞では馴染みの顔が、いよいよ今年から始動。
色とりどりに散りばめられた空間が人物や動物の幸せな時を刻む。It’s sweets world.

NATSUKO NAKAJIMA

1979年 埼玉県生れ
2005年 創形美術学校ファインアート科 版画専攻卒
2004年 第3回ふくみつ棟方志功はんが大賞 準大賞
    第6回国際交流展2004Mexico-Tokyo 優秀賞
2005年 創形美術学校卒業制作展 佳作賞
    第13回プリンツ21グランプリ展 特選
2007年 第5回飛騨高山現代木版画ビエンナーレ 優秀賞
    第15回プリンツ21グランプリ展 グランプリ受賞
2008年 第14回川上澄生美術館木版画大賞展 準大賞

[PR]
by oto-gallery | 2008-10-21 16:01 | 過去の展覧会 | Comments(0)