乙画廊 +81(0)6-6311-3322
by otogallery
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
OTO GALLERY
カテゴリ
2015-blog
書籍 DVD 販売
版画絵画販売
2011-blog
2010-blog
2009-blog
2009TCAF東京アートフェア
2008-blog
2007-blog
過去の展覧会
乙クッキー★◆■
アーティストグッズ
ART OSAKA 2011
2012年-blog
ART KYOTO 2012
ART OSAKA 2012
2013-blog
中村キク
ART OSAKA 2013
2014-blog
2015年ブログ
2016-blog
グラス食器販売
未公開
2017-blog
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:過去の展覧会( 73 )
朝日みお ─銅版画の魅力─
2008年10月7日火曜日〜 2008年10月18日土曜日

自画・自刻・自摺の創作版画。全国での活動も著しい作家のご紹介です。
オリエンタリズム溢れるエキゾチックな魅力で躍動する人々と動物達。正に夢見心地の桃源郷。是非ご堪能下さい。


b0124224_17352429.jpg
Mio Asahi
    大阪出身。立命館大学卒。
1992年 大阪で初個展。以降、日本全国・海外各地で展覧会。
2005年 日本版画協会準会員。
    KYOTO版画’05日本・タイ国際版画展奨励賞。
     Ostrow Wielkpolski’05’07共(ポーランド)優秀賞。
2007年 明日を担う西宮の作家展(西宮市民ギャラリー)
    日本現代芸術祭(へイリ芸術村/韓国)
    あおもり版画トリエンナーレ’07。
2008年 日本・アメリカ国際版画展
    (京都市美術館、徳島県立近代美術館)
    日本の銅版画展
    (18,rue de I’Hotel de Ville 75004 Paris)

[PR]
by oto-gallery | 2008-10-07 17:37 | 過去の展覧会 | Comments(0)
大坪紀久子展 ─塩ビ板版画─
『満腹横町へようこそ』

2008年9月24日水曜日〜 2008年10月4日土曜日
b0124224_1725136.jpg
イラストレーターとしても人気が著しい作家の乙画廊では三回目の展覧会。
ノスタルジックな日常風景、人物描写。
塩ビ板を使った版画で独自の世界を確立しています。
絵の中のホッとするひとときを。
是非、お楽しみ下さい。                 

KikuKo Otsubo
1972年東京生まれ。文化学院美術科卒。後、セツ・モード・セミナー、東京版画研究所で学ぶ。
1997年〜塩ビ板とカッターナイフを使用した版画制作。
1998年〜毎年東京を中心に個展を開催。
2006年〜毎年、乙画廊個展/2007年から毎年、弘文堂画廊(帯広)個展。
各種雑誌の表紙や挿絵なども手がけている。



ポケットのひみつ 25×21cm
塩ビ板版画 ed.3
¥ 23,100--

[PR]
by oto-gallery | 2008-09-24 17:21 | 過去の展覧会 | Comments(0)
真梨乃 ─球体関節人形─
b0124224_14482135.jpg
◎ギャラリーコメント◎
北欧まじりの秀麗な顔つきとソフトなゴスロリファッション。虚ろで大きな瞳の三白眼が、孤独感・憂鬱感を誘う。幼児期から大人までのうつろいゆく時間を生きる存在である大人には無い、少女の静謐な表情。吉田良に師事した、”真梨乃”が生み出す「美少女のヒトガタ」。土台となるのは石塑粘土だけを使ったオーソドックスな創作方法で、髪の毛は人毛、彩色は油絵具。1人の作家による完全制作と言う点では、近年、台頭しているスーパードルフィーとはあきらかに違いがある。その娘達たちは、身体の節々が、自由に動く球体関節人形であり、時折見える節々の割れ目が、何とも耽美な気持ちにさせる。等身大から70cmほどの娘たち(MARINO DOLL)が10体、初お目見え。
人気作家待望〜5年ぶりの乙画廊では初の個展。是非ご堪能を。

MARINO
◆履歴◆
1993 球体関節人形制作を始める
1994 吉田良に指事
1998 真梨乃創作人形展「遊夢」(GALLERY PICTURE)
1999 「ゲエム」-終わらない遊戯- (昔人形青山 K1ドヲル)
2001 昔人形青山MONTHLY K1-DOLL EXHIBITION 真梨乃展
2001 真梨乃個展 -SIN- (GALLERY PICTURE)
2001 現代創作人形フェア プランタンGINZA
2002 中村趫 人形写真展 Studio J 人形展示、トークイベントゲスト参加
2003 渋谷東急東横店 創作人形展
2003 昔人形青山 MONTHLY K1-DOLL EXHIBITION 真梨乃展
2003 昔人形青山 昔人形コレクション青森展「お人形カフェ」
その他〜企画展、グループ展多数参加

◆書籍等◆クラフトアート人形 マリア書房 4・5・6・7・8掲載。短編小説集「人形独白」著者-勢力晶子(挿し絵として)人形写真掲載。「RUINS」KYO NAKAMURA ポストカード写真集 人形写真掲載。◆その他活動◆DARK WAVE ,ETHEREAL,AMBIENT-NOISE UNIT、RETHOLIC MARSでVOを務める。

[PR]
by oto-gallery | 2008-09-03 14:46 | 過去の展覧会 | Comments(0)
山 沖 由 里  ─木版画展─
2008年8月20日水曜日〜 2008年8月30日土曜日b0124224_11344657.jpg乙画廊では初の個展。
日常から切り取った風景が癒しのイメージとなり、和みの画となる。
Yamaoki wold をご堪能下さい。

-日々の道々-
日々の道々で心にとまったものを小さく描きとめています。
普段目にするなにげない景色の中に小さな感動があると信じながら、
今日もあたりまえに過ごします。


b0124224_11345662.jpgYAMAOKI YURI 

1977年 大阪生。奈良教育大学•美術科 卒。


              「Line」33×36.5cm ed.3


「華咲く茶器に浮かぶ君の笑顔」82×55 ed.6

[PR]
by oto-gallery | 2008-08-20 11:31 | 過去の展覧会 | Comments(0)
ART OSAKA 2008 ─アフターフェア─
2008年7月30日水曜日〜 2008年8月9日土曜日
b0124224_1755351.jpg
堂島ホテルで開催後、引き続き乙画廊で展示します!
岩澤慶典(油彩)、田中幹(油彩)、サバコ(立体)、長尾紘子(ペン画)、鈴木良治(油彩・リトグラフ)、宮井麻奈(リトグラフ・油彩)〜堂島ホテルに来れなかった方にはお薦めです。



岩澤慶典「トイレの中の蛙、大海を知らず#2」2007年
キャンパス/F50/油彩/¥350,000-

[PR]
by oto-gallery | 2008-07-30 17:52 | 過去の展覧会 | Comments(0)
Room 811 in Dojima Hotel
2008年7月25日金曜日〜 2008年7月27日日曜日
b0124224_17415495.jpg ■乙画廊は2005年9月に大阪の大正モダン建築ビルにオープン。独創性と感動のあるハイクオリティーな日本人作家を中心に年間平均30回の企画展を開催。その理念は作家と共に育み、地域文化を根づかせ、世界に向けて発信する事にあります。
今展では地元のコンテンポラリーアーティストを中心にご紹介します。どうか 是非お越し下さい。

Oto-gallery was established in the building of OSAKA Taisho Era in September ,2005. It is Japanese writer with a high quality that has originality and impression that treats.  The project exhibition of one year are 30 times on the average. The idea is " I want to grow up with the writer. And, I want you to improve a regional culture, and to know them all over the world "Oto-gallery introduce mainly the local contemporary artist. Please come if there is time.

─ART OSAKA 2008─
(HP:www.artosaka.jp)
(FRI)25th.(SAT)26th.(SUN)27th.JULY 2008 2-1-31 Dojimahama, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka, Japan
Venue : DOJIMA HOTEL 8F, 9F, 10F, 11F (47rooms) Tel: +81(0)6-6341-3259 http://www.dojima-hotel.com
Openinig Hours : 12pm. - 7pm. (25th.JULY:12pm. - 9pm.)
Admission Fee : ¥1,000 (valid for the duration)




出品作家について詳しくはコチラのサイトで。
[PR]
by oto-gallery | 2008-07-25 17:39 | 過去の展覧会 | Comments(0)
藤 浪 理 恵 子 展 
〜フレスコセッコ・オンフィルム〜   2008年7月9日(水)〜 19日(土)
b0124224_1541272.jpg
Lg-07-Jun ‘07年
25.5×25cm
アクリルミラー、フィルム、顔料、アクリル、パステル、黒鉛


Rieko FUJINAMI

1960 千葉県生れ、NY在住
1984 東京造形大学卒業
1986 多摩美術大学大学院卒業
    文化庁芸術家国内研修員 
■受賞歴
ミヤコ版画賞展/大賞
日本現代具象版画展グランプリ
神奈川県美術展/県立近代美術館[受賞]
MORISMO ARTE 国際ビエンナーレ(伊
    Citta di Tolentio賞受賞(伊)
文化庁買い上げ優秀美術作品選定
■装幀・連載
奥野建男 『太宰治』、
週刊新潮連載 久世光彦『死のある風景』の挿画
月刊美術「イカロスの末裔」連載他



NYを起点に東京〜全国で活動をして来たベテランアーティスト。独自の視点で、独自の技法を編み出す。奇跡とも言える作品。近年、俄に認知されブレイク!是非、お楽しみ下さい。
[PR]
by oto-gallery | 2008-07-09 14:39 | 過去の展覧会 | Comments(0)
作田富幸/銅版画・テンペラ画展-
銅版画・テンペラ画展
2008年6月24日(火)~ 7月5日(土)

b0124224_16172737.jpg乙画廊では初の新作展。'06 〜'07文化庁海外研修によりオランダ・ユトレヒトの工房で制作された22点の銅版画とテンペラ画、 驚異・驚愕の思考とテクニックで制作された 数点を出品致します。関西では滅多に観れない作品群です。
どうかご堪能下さい。
SAKUTA TOMIYUKI
 
1960年 山形県出身
1984年 東京造形大学美術学部版画専攻卒業
1985年 日本版画協会展・協会賞('90準会員賞・会員推挙)
1993年 文化庁芸術インターンシップ生
1994年 第20回日仏現代美術展・佳作賞 
2004年 第6回高知国際版画トリエンナーレ展<大賞>受賞
2006年 9月より1年間、文化庁海外研修生としてオランダへ渡航。
現在 東京都在住。日本版画協会会員、日本美術家連盟

“water tower”  36×25.5cm /2006-2008エッチング・アクアチント・雁皮刷
         ed.1/50〜15/50・¥21.000-以降はステッププライス

[PR]
by oto-gallery | 2008-06-27 14:39 | 過去の展覧会 | Comments(0)
広 瀬 ひ か り / 銅版画展
2008年5月27日(火)〜 2008年6月7日(土)

甘い香り vol.Ⅱ26.5×18.5 多色刷り、エッチング ed.40/¥15,750-
b0124224_17133963.jpg
工房までの道中で出会う、紫と黄色の花、緑の苔にいっせいに生える赤い茸。
竹藪がそよぐと降ってくる、水滴。目の前を横切る、オレンジ色の芋虫。
そんな物をじっと見て感じる、何故だかわくわくして、嬉しいような気持ち。
そのようなものを、四角い版の中に吹き込む事が出来ないものかと、日々制作しています。
HIROSE HIKARI '73年 石川県出身
'95年 文化学院大学部美術科・卒業
'97年 文化学院版画研究科・卒業
'97年〜'05年東京版画研究所在籍
'02年 第2回山本鼎版画大賞展<入選>
'03年 第48回CWAJ現代版画展<入選>/第3回池田満寿夫記念芸術大賞展<入選>
'04年 内田春菊「ぬけぬけと男でいよう」装画/第50回CWAJ現代版画展<入選>
     第3回山本鼎版画大賞展<入選>/第10回浜松版画大賞展<奨励賞>
'06年 ボローニャ国際絵本原画展(イタリア)<入選>
【収蔵】 カウンティ美術館(ロサンゼルス)/米国議会図書館(ワシントン)


海外の活躍も著しい作家の乙画廊では初の展覧会。メルヘン&ファンタジーを多色刷り銅版画(エッチング)で表現しています。その世界観と技術を是非、お楽しみ下さい

[PR]
by oto-gallery | 2008-05-27 14:16 | 過去の展覧会 | Comments(0)
濱 田 富 貴 展 /銅版画
2008年5月13日(火)〜 24日(土)
b0124224_17505141.jpg「生が崩れて土に帰る」に到る、内包する心の動き、晒された身体の反応。
正にコンテンポラリープリンツアートの真骨頂と言えるでしょう。あおもり国際版画トリエンナーレ2007・大賞受賞。乙画廊では初の個展となります。是非ご堪能下さい。
Fuki-Hamada

1972年 福岡県生まれ
1998年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科版画コース卒業/2000年 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻版画コース修了/2006年 平成18年度文化庁新進芸術家国内研修員
【受賞】1998年 日本版画協会展(’99、’00、’03〜‘07)/2000年 第8回プリンツ21グランプリ展(グランプリ受賞 )/2004年 あおもり版画トリエンナーレ2004展(スポンサー賞)/2005年 第6回高知国際版画トリエンナーレ展(佳作賞)/第73回日本版画協会展(畦地梅太郎賞)/2006年 第14回ソウルSpace国際版画ビエンナーレ展(作品買上賞)/2007年 あおもり版画トリエンナーレ2007展(大賞)【収蔵】町田市立国際版画美術館/アルバータ大学美術館(カナダ)2007年 ノラ・エクレス・ハリソン美術館(USA)/あきる野市/畦地梅太郎記念美術館(愛媛)


かたち-42”睡蓮” 18×15cm/¥23.100-
[PR]
by oto-gallery | 2008-05-13 14:09 | 過去の展覧会 | Comments(0)