乙画廊 +81(0)6-6311-3322
by otogallery
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
OTO GALLERY
カテゴリ
2015-blog
書籍 DVD 販売
版画絵画販売
2011-blog
2010-blog
2009-blog
2009TCAF東京アートフェア
2008-blog
2007-blog
過去の展覧会
乙クッキー★◆■
アーティストグッズ
ART OSAKA 2011
2012年-blog
ART KYOTO 2012
ART OSAKA 2012
2013-blog
中村キク
ART OSAKA 2013
2014-blog
2015年ブログ
2016-blog
グラス食器販売
未公開
2017-blog
2017 個展
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:2017-blog( 19 )
本日、日曜日オープン!〜28日まで。
てらおなみ×集治千晶 二人展
〜enigmatic flower〜
ガラテアの手
「ガラテアの手」
ガラス絵(集治作)とビスクの手(てらお作)が展示されています。

ギリシャ神話の一説。
この世の女に嫌気をさした王様がアフロディーテをモデルに彫像をつくりヌードであったのを次第に恋人の様に愛する様になり服を着させる為に服を掘ったり一緒に食事をしたりと毎日彫像に没頭した。それを見かねた当のアフロディーテ神が彫像に命を与え人間にし遂に夫婦となった。
その彫像こそがガラテアであり、幸せな王は皆さんご存知のピグマリオンである。

現代ではピグマリオン効果などと言うちょっとこじつけの様な使われ方のあるピグマリオンだが、正に人間偏愛症の元祖でピグマリオンコンプレックスは球体関節人形の様に五体満足に自由に動かす事の出来る人形に起こりやすいのではないかと思うのである。

さてその件の4体のガラテアの手は各々真っ白のままのもの、リアルに静脈の青筋の描かれたもの、集治女史のペインティングの為されたものがあり、やはりもはや彫像の冷たさは無く、福福しく神神しい。
手首部位にはジュエリーとリボンが施されており、おうちでは御守りとして飾りたいものである。

ガラス絵は細密な筆致でその技術と裁量は眼を見張るものがあり、毒々しくサイケなフォルムは、集治女史の敬愛するスーザン ピットに迫り、うなる手、指、唇そして華、一度見たら病みつき注意、中毒性を含んだ危険性、大ありなのである。

お問い合わせは乙画廊へ。
b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp
06-6311-3322
b0124224_11523655.jpg
接吻
b0124224_11523712.jpg
メリーゴーランド
b0124224_11523724.jpg
謎の花
b0124224_11523898.jpg
抱擁
b0124224_11523825.jpg

b0124224_11523982.jpg

b0124224_11523937.jpg


[PR]
by oto-gallery | 2017-03-26 11:39 | 2017-blog
てらおなみ×集治千晶 二人展 〜enigmatic flower〜
フュージョン企画展、開催中です。
この度は、中崎町アラビクさん、乙女屋サロンさんと同時にてらおなみ 女史、集治千晶女史、お二人の作品を展示しています。
てらおなみ 女史は球体関節人形(石塑粘土)、ビスクドール、集治千晶女史は銅版画、水彩画、ガラス絵を基本に今回初の試みである合作も出品して、3つのスペースそれぞれ空間に合った彩りがなされています。
乙画廊としても、異例の二人展初づくしの展覧会です。この一生に一度しか味えない風味を是非、お愉しみ下さい。3月28日(火)まで無休です。

b0124224_17125203.jpg



b0124224_17125367.jpg

4点並んだ「ガラテアの手」とビスクの手
右は「Sensuous Dress」水彩画

b0124224_17125386.jpg

コラボレーション作品
石塑粘土のボディにガラス絵

b0124224_17125442.jpg

「イナンナ」85cm 石塑粘土
右の銅版画は「Enigmatic Flower」1点ものの額付27.000-(税別)


b0124224_17125455.jpg

ビスクの心臓は左から「benefit」「pleasure」「revival」
ビスクドールは左が「デュプレー」右が「ドロテア」
右の銅版画は「Closet」1点ものの額付30.000-(税別)

お問い合わせは 乙画廊へ
電話 06-6311-3322
メール b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp
通販も致します。
どうぞよろしくお願いします。



[PR]
by oto-gallery | 2017-03-23 15:58 | 2017-blog
Aliceの世界展:アーティスト作品のご紹介 3
牧田恵実はバオバブに恋焦がれる若い油彩画家であり、只管、男根とタナトスを追随するのである。
b0124224_13015452.jpg

牧田恵実「遠くを見つめるアリス 」
332×242mm 水彩、鉛筆、紙 75.000円
小品の在庫は少ないので、貴重な新作!
お問い合わせは 全て乙画廊へ
06-6311-3322
b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp


[PR]
by oto-gallery | 2017-02-24 12:50 | 2017-blog
Aliceの世界展 :アーティスト作品のご紹介2
中村鱗は主に女性を描く女流油彩画家である。
夢見がちで幼さの残りつつあるAlice。
この眼を見つめて悠久の時を過ごそう…
b0124224_11184125.jpg

中村鱗「大人になっても好きでいてくれる。」
キャンバスに油彩 410×318mm
¥65.000-
お問い合わせは全て 乙画廊。
06-6311-3322
b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp

[PR]
by oto-gallery | 2017-02-21 10:21 | 2017-blog
Aliceの世界展 :アーティスト作品のご紹介1
冥麿は主に女性を描く女流画家であり、メタラーである。生き物を描きたいんだなと想わせる。微細な線に躍動を感じる。少女ならその表現として内面と外面の境を取っ払う。
b0124224_11494306.jpg

冥麿 「27歳のアリス 」
F3 パネル アートクロス 墨汁 中国顔料 リキテックス 他 25.000円
お問い合わせは 全て乙画廊へ
06-6311-3322
b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp



[PR]
by oto-gallery | 2017-02-20 11:27 | 2017-blog
Aliceの世界展 :アリスマニア大集合!2017.2.10(FRI)-2.25(sat)
b0124224_01551902.jpg

Aliceの世界展 :アリスマニア大集合!
EXHIBITION
2017.2.10(FRI)-2.25(sat)
Lewis Carrol respect

◯1◯アオガチョウ
◯2◯安蘭
◯3◯ありmofu
◯4◯大西けい
◯5◯川中泰幸
◯6◯清水真理
◯7◯新家智子
◯8◯たま
◯9◯中川ユウヰチ
◯10◯中村鱗
◯11◯桃桃子
◯12◯藤本晶子
◯13◯星レン
◯14◯Mai Aimheart
◯15◯牧田恵実
◯16◯真木環
◯17◯松島佳世
○18◯松島智里
◯19◯マンタム
◯20◯宮川あゆこ
◯21◯冥麿
◯22◯森馨
◯23◯山際マリ
◯24◯横田沙夜
◯25◯Luna Souza

〜 Esprit essence of Alice  〜
赤ちゃんのお尻をけたたましく叩く音と映像で幕を開けるヤン・シュヴァンクマイエルの短編映画  
Jabbrewocky(1971)の冒頭で読まれる詩は、その独創性素晴らしきオリジナルの英国叙情詩だが、
これはルイス・キャロルの詩人たる人柄を顕著にしていると言えよう。
我が息子よ、ジャバウォックに用心あれ!喰らいつく顎あぎと、引き掴む鈎爪!
ジャブジャブ鳥にも心配るべし、そして努ゆめ燻り狂えるバンダースナッチの傍に寄るべからず!
今や標準語にもなったカバン語は物語のファンタジー性を増し、その世界を不変なものにし、
この時代になっても益々万人の想像力の源となり、Aliceを追い求める者があとをたたない。
是非、この度はカバン語テイストな「Alliceの世界」を感じて頂きたい。   乙画廊 廊主
[PR]
by oto-gallery | 2017-02-08 01:49 | 2017-blog | Comments(0)
山田裕吉展-calling me- 絶賛期間延長中!〜2月4日(土)まで。
お正月20日から開催の展覧会が期間延長になりました!引き続き4日(土)まで、お愉しみ下さい。

哀愁漂う裸像と裸婦の佇まいはキレのいい線で研ぎ澄まされたフォルムで描かれ時を切り取られています。
b0124224_12403631.jpg

b0124224_12403705.jpg

b0124224_12403725.jpg

b0124224_12403870.jpg

b0124224_12403822.jpg

b0124224_12403953.jpg

大阪 淀屋橋 乙画廊

[PR]
by oto-gallery | 2017-01-30 12:28 | 2017-blog
山田裕吉 -calling me-展 の全作品はこちらから。<期間限定>
山田裕吉-calling me-展 /乙画廊 (2017.1.20〜28)
全作品はこちらから、お求めになれます。
日本国内に限り運賃込みになっています。

乙画廊SHOP






[PR]
by oto-gallery | 2017-01-23 15:35 | 2017-blog
乙画廊2017年の最初の展覧会は20日(金)からです。



山田裕吉展 -calling me-
2017年1月20日(金)〜1月28日(土)
21日(土)16時パーティー
■ 乙画廊初個展 ■ □現実と空想のパラレルワールド□

b0124224_01202097.jpg



乙画廊2017年の幕開けは、気鋭の新進作家のご紹介です。
ここ数年の各方面で山田裕吉のコンテストでの授賞は時代が求めているかのようでもあり、当画廊もここに行き着いた感があります。活動歴は3年にもかかわらず、もう既にご存知の方も多々おられるでしょうか。まだの方には観れば納得をすること間違い無しの作品群です。是非お見逃し無く。

YUKICHI YAMADA:大阪生まれの34歳 2014年から本格的に作家活動を始める。
大阪を中心に京都、兵庫、東京、海外などで精力的に作品を発表。
ライブペインティングでミュージシャンやパフォーマーとのセッションも行う。
◆アートムーブコンクール2014ギャラリーいろはに賞受賞/あかマルシェ2015 - dig me out賞hanawa賞ranbu賞受賞/アートムーブコンクール2016高宮賞受賞/UNKNOWN ASIA2016渡邊良隆賞受賞

作品:呼ぶ声(猫と女)530×420mm
和紙アクリル、ミクストメディア
[PR]
by oto-gallery | 2017-01-05 01:11 | 2017-blog