乙画廊 +81(0)6-6311-3322
by otogallery
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
OTO GALLERY
カテゴリ
2015-blog
書籍 DVD 販売
版画絵画販売
2011-blog
2010-blog
2009-blog
2009TCAF東京アートフェア
2008-blog
2007-blog
過去の展覧会
乙クッキー★◆■
アーティストグッズ
ART OSAKA 2011
2012年-blog
ART KYOTO 2012
ART OSAKA 2012
2013-blog
中村キク
ART OSAKA 2013
2014-blog
2015年ブログ
2016-blog
グラス食器販売
未公開
2017-blog
2017 個展
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
岸塚正憲可能に渡邊光也作品が、ネットショップに!
BASE のショップです。
BASE サイト
一度お目通し下さい。

[PR]
# by oto-gallery | 2017-06-07 22:37 | Comments(0)
本日開催!岸塚正憲&渡邊光也 二人展 -~Requiem de Synesthésie~5.26〜6.3
岸塚正憲&渡邊光也 二人展 -
~Requiem de Synesthésie~
5.26〜6.3


この度は若いシュルレアリストな二人展。
文学と芸術が密接に関わるひと時をお過ごし下さい。
b0124224_08023155.jpg

b0124224_08023109.jpg

岸塚正憲「本の蟲」
b0124224_08023268.jpg

渡邊光也「防衛機制劇」

大阪 淀屋橋 大江ビルヂング 乙画廊
06-6311-3322
b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp




[PR]
# by oto-gallery | 2017-05-26 07:55 | 2017-blog
岸塚正憲&渡邊光也 二人展 -~Requiem de Synesthésie~5.26〜6.3
b0124224_00324803.jpg

~Requiem de Synesthésie~
岸塚正憲×渡邊光也展
5月26日(金)〜6月3日(土)
-日曜定休- (11~18時) 最終日は17時まで。

●若く才能あふれるシュルレアリストの二人展。
本人たちにとっても初の同タイトル作品の同時制作はエキサイティングな試みとなった。
彼らは一口に言うなら’幻想文学的フェチズム’をオルタナティヴなグラウンドでほぼギミック無しで活動を続けている常にアドレナリン全開のストイックアーチスト。
神秘、頽廃の世紀末藝術、否定、攻撃、破壊のダダイズム好きの人には垂涎の秀作であろう。是非ご高覧頂きたい。

◇Masanori Kishizuka:1981年福井生/姫路獨協大卒
□Mitsuya Watanabe:1986年東京生/和光大学卒


表面作品
左) 渡邊光也「清く正しく問いかけず」
142×122mm 鉛筆/インク
右) 岸塚正憲「自由への報復」
140×180(mm) F0
アルシュ紙にアクリル、水彩
[PR]
# by oto-gallery | 2017-05-26 00:23 | 2017-blog
アオガチョウ 展-骸の詩-5.12-20 乙画廊
アオガチョウ展 -骸の詩(ムクロノウタ)-
2017年5月12日(金)-20日(土)
20日16時クロージングパーティ!


LIMITS世界チャンピオンのアオガチョウが贈る地元展覧会企画。
天才的なアニマル描写の奇跡は暗黒ではあるが神々しくもありアンビバレントな魅力に溢れている。

最新情報はアオガチョウのサイトから是非→ aogachou.com
b0124224_08470077.jpg



[PR]
# by oto-gallery | 2017-05-10 08:42 | 2017-blog
前田愛美-おりがみの匂い-開催中!
乙画廊の大きな柱となって今までご紹介して来た、創作版画家。創作版画とは自画、自刻、自摺の作品の事で、一点ものの油絵や水彩画などとは線引きされるが、単なる複製(コピー)では無く、その工程や手間を考えると一点ものより、ある種の拘りやストイック性が要され制作される作品です。

さて、今展の前田愛美女史は、実に3年ぶりの乙画廊では初の個展。
テーマはずっとテーマにして来た、「日常」。
「日々のものごとや、ふと思う感情ひとつひとつを拾って描きとめたい」「平凡な日常こそ、繊細に感情を動かして生きている」
突然思い出される感情や感覚の記憶…
嬉しい、寂しい、もう一度やりたい、もう二度とあって欲しくない…どんな事も忘れる事は出来ない。そんな些細な事をそれを感じた「わたし」から、切り離された存在に変える事。
その切り離された存在を17作品として一点一点表現されています。
オーソドックスな銅版画技法のエッチング、ドライポイント、アクアチント、スピットバイトの手わざもじっくりと観て頂きたいと思います。


前 田 愛 美 展 -おりがみの匂い-
<銅版画>4.12〜4.19
●15(土)16時パーティ
会期中無休(11~18時)日曜、最終日は17時まで。
●テーマは日常
●1989年鳥取出身2014年女子美術大学大学院版画コース修了/町田市立国際版画美術館収蔵 #乙画廊 #銅版画

b0124224_11481614.jpg

b0124224_11481718.jpg

b0124224_11481742.jpg

b0124224_11481890.jpg

●お問い合わせは 全て乙画廊。
b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp
電話06-6311-3322



[PR]
# by oto-gallery | 2017-04-13 11:13 | 2017-blog
本日、日曜日オープン!〜28日まで。
てらおなみ×集治千晶 二人展
〜enigmatic flower〜
ガラテアの手
「ガラテアの手」
ガラス絵(集治作)とビスクの手(てらお作)が展示されています。

ギリシャ神話の一説。
この世の女に嫌気をさした王様がアフロディーテをモデルに彫像をつくりヌードであったのを次第に恋人の様に愛する様になり服を着させる為に服を掘ったり一緒に食事をしたりと毎日彫像に没頭した。それを見かねた当のアフロディーテ神が彫像に命を与え人間にし遂に夫婦となった。
その彫像こそがガラテアであり、幸せな王は皆さんご存知のピグマリオンである。

現代ではピグマリオン効果などと言うちょっとこじつけの様な使われ方のあるピグマリオンだが、正に人間偏愛症の元祖でピグマリオンコンプレックスは球体関節人形の様に五体満足に自由に動かす事の出来る人形に起こりやすいのではないかと思うのである。

さてその件の4体のガラテアの手は各々真っ白のままのもの、リアルに静脈の青筋の描かれたもの、集治女史のペインティングの為されたものがあり、やはりもはや彫像の冷たさは無く、福福しく神神しい。
手首部位にはジュエリーとリボンが施されており、おうちでは御守りとして飾りたいものである。

ガラス絵は細密な筆致でその技術と裁量は眼を見張るものがあり、毒々しくサイケなフォルムは、集治女史の敬愛するスーザン ピットに迫り、うなる手、指、唇そして華、一度見たら病みつき注意、中毒性を含んだ危険性、大ありなのである。

お問い合わせは乙画廊へ。
b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp
06-6311-3322
b0124224_11523655.jpg
接吻
b0124224_11523712.jpg
メリーゴーランド
b0124224_11523724.jpg
謎の花
b0124224_11523898.jpg
抱擁
b0124224_11523825.jpg

b0124224_11523982.jpg

b0124224_11523937.jpg


[PR]
# by oto-gallery | 2017-03-26 11:39 | 2017-blog
てらおなみ×集治千晶 二人展 〜enigmatic flower〜
フュージョン企画展、開催中です。
この度は、中崎町アラビクさん、乙女屋サロンさんと同時にてらおなみ 女史、集治千晶女史、お二人の作品を展示しています。
てらおなみ 女史は球体関節人形(石塑粘土)、ビスクドール、集治千晶女史は銅版画、水彩画、ガラス絵を基本に今回初の試みである合作も出品して、3つのスペースそれぞれ空間に合った彩りがなされています。
乙画廊としても、異例の二人展初づくしの展覧会です。この一生に一度しか味えない風味を是非、お愉しみ下さい。3月28日(火)まで無休です。

b0124224_17125203.jpg



b0124224_17125367.jpg

4点並んだ「ガラテアの手」とビスクの手
右は「Sensuous Dress」水彩画

b0124224_17125386.jpg

コラボレーション作品
石塑粘土のボディにガラス絵

b0124224_17125442.jpg

「イナンナ」85cm 石塑粘土
右の銅版画は「Enigmatic Flower」1点ものの額付27.000-(税別)


b0124224_17125455.jpg

ビスクの心臓は左から「benefit」「pleasure」「revival」
ビスクドールは左が「デュプレー」右が「ドロテア」
右の銅版画は「Closet」1点ものの額付30.000-(税別)

お問い合わせは 乙画廊へ
電話 06-6311-3322
メール b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp
通販も致します。
どうぞよろしくお願いします。



[PR]
# by oto-gallery | 2017-03-23 15:58 | 2017-blog
Aliceの世界展:アーティスト作品のご紹介 3
牧田恵実はバオバブに恋焦がれる若い油彩画家であり、只管、男根とタナトスを追随するのである。
b0124224_13015452.jpg

牧田恵実「遠くを見つめるアリス 」
332×242mm 水彩、鉛筆、紙 75.000円
小品の在庫は少ないので、貴重な新作!
お問い合わせは 全て乙画廊へ
06-6311-3322
b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp


[PR]
# by oto-gallery | 2017-02-24 12:50 | 2017-blog
Aliceの世界展 :アーティスト作品のご紹介2
中村鱗は主に女性を描く女流油彩画家である。
夢見がちで幼さの残りつつあるAlice。
この眼を見つめて悠久の時を過ごそう…
b0124224_11184125.jpg

中村鱗「大人になっても好きでいてくれる。」
キャンバスに油彩 410×318mm
¥65.000-
お問い合わせは全て 乙画廊。
06-6311-3322
b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp

[PR]
# by oto-gallery | 2017-02-21 10:21 | 2017-blog
Aliceの世界展 :アーティスト作品のご紹介1
冥麿は主に女性を描く女流画家であり、メタラーである。生き物を描きたいんだなと想わせる。微細な線に躍動を感じる。少女ならその表現として内面と外面の境を取っ払う。
b0124224_11494306.jpg

冥麿 「27歳のアリス 」
F3 パネル アートクロス 墨汁 中国顔料 リキテックス 他 25.000円
お問い合わせは 全て乙画廊へ
06-6311-3322
b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp



[PR]
# by oto-gallery | 2017-02-20 11:27 | 2017-blog