人気ブログランキング |
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
‪瀬川公馨展 新生khaos!
‪瀬川公馨展 <新生khaos> ‬
‪2019年6月21(金)-29(土)<23日休>

赤白黒黄緑青/
当画廊13回目の新作発表展です。貴賓に溢れる漆彩色。光沢とこの妙技。
ぜひご高覧下さい。
‪KIMIKA SEGAWA;
1943年高知県生
今井憲一氏、吉原英雄氏に師事。
スペイン国立プラド美術館財団会員。
ル サロン展永久会員。奈良在住‬
b0124224_18064552.jpg



# by oto-gallery | 2019-06-18 18:05 | 2019年 | Comments(0)
巽千沙都&まりりんMarianne展〜Cawaii Flavor〜2019.6.8〜16

巽千沙都&まりりんMarianne


CawaiiFlavor


2019.6.816<12時~19>


<最終日は17時まで>


◽︎巽千沙都 Chisato Tatsumi


限界画家/かわいい女の子ときらきらしたものがすき。それを自分だけのあまい世界を表現したい。キャンバスとアクリル絵の具を用いて絵画ミクストメディアを制作。


Attachment.png


◽︎まりりん Marianne


立体作家/一般のフェイクスイーツとは一線を画した独自のセンスが光るかわいいフェイクスイーツを制作。映画「血まみれスケバンチェーンソーRED」にて作品をヘアアクセにアレンジして使用。


Attachment_1.png


Attachment_2.png

b0124224_17250092.jpeg

# by oto-gallery | 2019-06-03 17:22 | 2019年
水島太郎展 -乾漆四千年の魅力- 2019.5.24〜6.1

b0124224_01041965.jpeg

水島太郎


-乾漆四千年の魅力-


2019524日(金)~61日(土)26日休


11時~18時(土曜は17時まで)


 


水島太郎展 2019.5.246.1乾漆その4千年の魅力。その技法は古来中国で生まれ日本に伝わり代々多数の作師により脈々と制作されて来た。主に乾漆座像などは日本の寺院ではよく目にする事もあり馴染み深いものです。この度は乾漆作師 水島太郎の昔ながらの技法で~そのユニバーサルで現代的な視点と嗅覚、第六感の体動を封じ込めた表現作品群の展示です。是非、観覧、体感して下さい。

b0124224_01041965.jpeg

# by oto-gallery | 2019-05-23 01:02 | 2019年 | Comments(0)
桝谷友子 展 2019.5.10〜18
桝谷友子 展 2019.5.10〜18
-魚、野菜と海の眺め-
b0124224_11371871.gif


# by oto-gallery | 2019-04-27 11:30 | 2019年 | Comments(0)
清水祐貴子展-銅版画と木版画- 2019.4.12〜20
b0124224_22345433.jpeg
清水祐貴子展-銅版画と木版画-
2019年4月12日(金)〜20日(土) 会期中無休

◆ 当画廊7回目。心象情景の凪がれる季節とフワッもやっザワッ感。
この創作版画家としてひたむきな自己表現を追求する姿勢は自画自彫自摺の
不変の細工程を経て珠玉の輝くworksとなる。是非ご高覧下さい。


# by oto-gallery | 2019-04-11 22:30 | 2019年 | Comments(0)
石井郁巳展 -君を祝って- 抽象レヴォリューションⅡ 
b0124224_23524297.jpeg
石井郁巳展 -君を祝って- 抽象レヴォリューションⅡ 
2019年3月15日(金)〜3月23日(土) 会期中無休

今展では日本的な影絵や木版画の要素が根強い印象のマーカーで描かれた独自の作品群に更に味わい深さが増したコラージュが御披露目されます。
益々眼が放せない石井郁巳の乙画廊2度目の個展です。是非ご高覧下さい。

◇ Ikumi Ishii : 1978年埼玉県出身
2014年 -銀座モダンアート幻想退廃症候群展- / 
2015年 -MOVE展in Berlin- / -銀座モダンアート混沌藝術展- /
2016年 -銀座るたん熱帯低気圧展- / -銀座K’sギャラリー 石井郁巳展 /
2017年 -アートコンプレックスセンター語る抽象画展

「夢から覚めても」パネル-ンにコラージュ
(アクリル、紙-、パステル) P30 


表面掲載 :「 君を祝って」パネルマーカー S10


# by oto-gallery | 2019-03-22 23:48 | 2019年
紺野真弓 作品集 3冊セット 肉筆サインカード付き ¥3.000- 全国¥360-にて発送します。
b0124224_13442979.jpg

紺野真弓 作品集 3冊セット 

肉筆サインカード付き

¥3.000-

お送りする場合は

送料¥360レターパックになります。


お取り扱い始めました。

メールにて、お名前、ご住所、お電話番号を送信下さい。

b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp

銀行の口座を明記の返信メールを致します。

ご入金確認後、発送します。

どうぞ宜しくお願いします。

                         乙画廊 代表 渡辺良隆


# by oto-gallery | 2019-01-27 13:43 | 書籍 DVD 販売 | Comments(0)
タムラノボル展-Ball-point drawing-
タムラノボル展-Ball-point drawing-
2019年1月18日(金)〜1月26日(土)<日曜休業> 


孤高のボールペン画家7年振りの乙画廊での個展です。
地球が誕生してからと言うもの寝苦しい夜を過ごして来たのは人間ばかりではない。
何億年もの間、多種多様のものたちがそうやって生き死にを繰り返して来た。
化石となって発見されて、初めてその生き様に触れる事が出来るが、どのものたちも黙って一切喋らない。寡黙である。分からない事だらけである。この天才画家タムラノボルの7年もそんな日々の集積である。どうぞお見逃し無くお出で頂きたい。


Noboru Tamura : 1962年大阪府出身。
20代、特殊メーキャップに興味を持ち、関西の大学生やプロの自主映画に参加。以降そのまま特殊造形、アニマトロニクスのプロとなる。その後、セサミストリート創始者ジム・ヘンソンのジムヘンソン・クリーチャーショップに参加。この頃、ロン・ミュゥクと出会い現在の作家活動の発端になる。 又「ひらけらけポンキッキ」などNHK教育番組のデザイン、映像の制作にも関わっている。


OTO GALLERY
乙 画 廊
TEL&FAX/06-6311-3322 
〒530-0047大阪市北区西天満2-8-1
大江ビルヂング101
http://oto-gallery.jpn.org/
E-mail▶b-mitsou@kc5.so-net.ne.jp
御堂筋線淀屋橋駅①番出口北へ徒歩5分 
b0124224_01461487.jpg


# by oto-gallery | 2019-01-09 01:45 | 2019年 | Comments(0)
乙画廊 2018年の展覧会は全て終了しました。
乙画廊 2018年の展覧会は全て終了しました。
本年も例年同様、色々な方にお世話になり大変有難く感謝の気持ちを言葉では言い表せ無いくらい、いっぱいいっぱいでございます。
誠に有難うございました。
来年は元号も新たな年!
きっと今まで以上の幸と運が来るのは確実だと言えましょう。ARTの活況のざわめきがメキメキ感じられる気配もありますね。
皆様方の益々のご発展と末永きご健康をお祈り致しまして、新年を迎えたいと思います。
それでは良いお年をお迎え下さい。

# by oto-gallery | 2018-12-24 23:47 | 2018年 | Comments(0)
マンタム展 2018.12.14〜22
マンタム展 2018.12.14〜22
-月とアヴァンギャルド-
b0124224_23453324.gif
b0124224_23464684.gif


# by oto-gallery | 2018-12-24 23:44 | 2018年 | Comments(0)